路線バスから観光バスまで、バスドライバーの特徴

路線バス・高速バス・観光バスのバスドライバー

バスドライバーとひと口に言っても、その職種はさまざまです。多くの人にとって馴染みがあるのは、路線バスのバスドライバーではないでしょうか。通勤・通学や通院のために、買い物に出掛けるために、と様々な用途で利用される路線バスは地域住民の生活にとって欠かせない存在です。安心安全を守ることに加えて、担当する地域特性や利用客の特徴についても深く理解できる人材が求められます。大型免許を生かした運転技術に加えて、臨機応変に対応できるコミュニケーション能力に長けている人が活躍しやすいでしょう。

長距離、長時間の運転に耐えられる人に向いているのが、高速バスのバスドライバーです。夜間に高速道を使って走行する機会も多いので、忍耐強さや集中力に自信がある人は求人応募を検討して下さい。観光バスのドライバーも比較的長距離を運転する機会が多く、集中力が求められます。バスガイドや乗客とのコミュニケーション能力も必要です。

需要が高まっている送迎バスのバスドライバー

近年、需要が高まっているバスドライバーの職種としては、送迎バスのバスドライバーが挙げられます。送迎バスのバスドライバーが活躍している場は多岐に渡っています。ホテルや商業施設と主要駅との間を走行する送迎バスの運転を任されることもあれば、保育園や幼稚園、小学校といった教育機関の送迎バスの運転を担当することもあります。また、介護施設のデイサービス等の利用者に対して施設と自宅間の送迎をするドライバーの求人も増えています。求人応募の際には、送迎の内容についてもしっかり確認し、自分の適性に合う職種を選んで下さいね。送迎バスのバスドライバーは、他のバスドライバーと比べると、運転距離は比較的短いケースが多いのが特徴です。

ドライバーの募集をするときには自社サイトで採用情報を出すのが通例です。求人サイトやハローワークの活用によってさらに広く募集できます。