自分の時間をつくりやすい、タクシードライバーの特徴

ライフスタイルに合わせて勤務形態を選べる

タクシー運転手の働き方には、隔日勤務、日勤、夜勤の3種類があります。多くのタクシー会社では、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことが可能です。隔日勤は1日の実働時間が長く、1回で2日分の仕事をするスタイルです。1乗務の実働時間は約15時間前後で、仕事が終わった日は明け休み、その次の日は休日となります。自分の時間を確保しやすい働き方なので、プライベートを充実させられるのがメリットです。昼間だけ働く日勤は、家族に時間を使いたい女性ドライバーに人気の働き方です。例えば、朝に子どもが学校に行った後に出勤し、仕事終わりに子どもを迎えに行くといった働き方ができます。また自由な時間が多いなら、お金を稼ぎやすい夜勤が良いでしょう。

自分のペースで働ける

タクシードライバーの特徴の一つは、自分のペースで働ける点です。タクシードライバーは、1日の始まりと終わりに営業所に寄る以外は1人の時間を過ごします。普通のサラリーマンとは違い、会社内で働く時間はほとんどありません。休憩時間の取り方も自分で決められるので、自分のペースで働くことが可能です。勤務中は基本的に個人行動となるため、接客以外の時間は自由度が高いと言えます。上司や同僚とコミュニケーションを取る時間は少なく、人に気を遣ったり人間関係に悩む心配もありません。タクシードライバーは、自分の好きなペースでのんびり働きたい方におすすめの仕事です。自分好みのスタイルで働けるため、長く仕事を続けられるでしょう。

近年は人手不足の影響もあり、運転手を求めている企業は非常に多いと言われています。そのため、運転手の求人のみを掲載した専用の求人サイトも存在しています。