ルート配送から長距離配送まで、トラックドライバーの特徴

ルート配送は運転の仕事が初めての人におすすめ

ルート配送のドライバーの仕事は、比較的狭いエリア内で固定の個人宅を回ることが多く、道を覚えるのが苦手な人や、初めて運転の仕事に就く人も取り組みやすいといった長所があります。また、普段の仕事の中で顔なじみの顧客のもとを訪れることで、やりがいを感じながら働けるのも大きな魅力です。最近では、地域に密着した物流会社や運送会社だけでなく、大手のスーパーやコンビニなども地域限定のルート配送のドライバーを募集しているところが増えています。そこで、早いうちから運送関係の求人サイトなどを通じて各社のドライバーの仕事内容や営業エリア、勤務時間などをチェックして、自分にとって働きやすい職場を見極めることがおすすめです。

長距離配送ドライバーは十分な体力や精神力がある人に向いている

長距離配送ドライバーは、高速道路を利用して日本全国の取引先の元に荷物を送り届けるため、仕事に就くうえで十分な体力や精神力が求められます。一方、色々なドライバーの職種の中でも基本給や各種手当の金額が高く設定される傾向があり、正社員として働くことで定年まで高収入を得ることが可能です。長距離配送ドライバーの数が足りていない運送会社などでは、ドライバーの待遇改善を図ったり、様々な雇用形態のドライバーの受け入れに力を注いだりしているところもあります。そうした中、高待遇で長距離配送ドライバーの仕事を始めたい人は、ドライバーの離職率が低いところや、給料だけでなく福利厚生などにも魅力があるところを勤務先の候補に入れることが大切です。

運送業の求人は、長距離輸送や宅急便の運送、引っ越しなど多岐に渡ります。長距離運転や荷物の積み下ろしもあることから、体力と精神力に自身のある方におすすめの求人です。