必要な資格が無い人は各種免許取得のサポートがあるか確認

大手の運送会社は資格取得制度が整っているところが多い

ドライバーの仕事に関心はあるものの、必要な資格がないという人は、大型免許をはじめとした各種免許取得のサポートがある会社を就職先に選ぶことがおすすめです。たとえば、全国の幅広いエリアで営業活動を行っている運送会社の中には、免許取得のために教習所に通ったり、試験を受けたりする際にかかる費用の全てを援助したり、教習期間中に日当を支給したりしているところが珍しくありません。また、入社後に免許を取得したドライバーに対して、お祝い金を用意している運送会社もあるため、妥協することなくサポートが充実している会社を探すことが重要です。なお、資格取得制度の内容や対象となるドライバーの要件は、会社ごとに違いがあるため、採用選考に申し込みをする前に自分できちんと志望企業の事情を把握しておきましょう。

免許を取得してからの研修の機会が用意されている会社がおすすめ

トラックドライバーの仕事に必要な免許を取得してから無理なく業務をこなせるようになるには、個人差があるものの数か月から一年ほどの教育が必要となります。そのため、仕事で悩まないためにも、免許取得後の研修の内容が優れている運送会社を勤務先に決めることがおすすめです。若年のドライバーの育成に努めている会社の中には、新人研修のために少人数制の教育を取り入れたり、個別の研修プログラムを作成したりしているところも多くあります。また、面倒見が良い先輩のドライバーが一通りの業務を一人で担当できるまでフォローしてくれる運送会社もあるため、就職活動を通じてしっかりと会社ごとの新人ドライバーのサポート対応を比較しましょう。

運転手の募集は、バス、トラック、タクシーなど様々な職業があり、体力や経験がある優秀な人材が求められています。