福利厚生がしっかりしている会社を選ぶ

給与水準だけに捉われないこと

ドライバーの求人情報を見ていると、ついつい給与水準にばかり目が行きがちですが、本当に良い会社を見つけるためには、それだけでは不十分です。従業員の待遇は給与の多寡に加えて、福利厚生がどの程度充実しているかによっても左右されるため、求人情報を見る場合には、福利厚生の内容についてもしっかりとチェックすべきです。例えば、家賃補助が全くなくて300万円の年収が得られる案件と、毎月3万円の家賃補助が得られる年収280万円の案件とを比べると、トータルで得られる金銭的なメリットは後者の方が大きくなります。年収だけに捉われて前者を選んでしまうと、損をしてしまうかもしれませんので、そんなことにならないように注意しましょう。

福利厚生をチェックする際のポイント

では、福利厚生をチェックする際には、どういったポイントに気をつける必要があるのでしょうか。この点についてまず確認すべきなのは、前述した家賃補助の有無とその水準です。家賃補助がなくても会社の寮が用意されているケースもありますので、そういった場合には寮費もしっかりと確認するようにしましょう。また、それ以外に企業年金の内容も重要なチェックポイントです。現役中の給与水準が高くても、退職後の年金が少ないと老後の生活が困窮してしまう恐れがあります。リタイア後にもらえる年金の額が少なくて途方に暮れてしまうことのないように、なるべくしっかりとした年金制度が用意されているところを選ぶようにするのがおすすめです。